タイガーマスク面白い

今の時代だと古典になると思いますが、タイガーマスク面白いです。
特に素晴らしいのが、タイガーマスクの弱さがある事です。

読む前はタイガーマスクが超人的なヒーローがバッタバッタと敵レスラーを倒しまくるイメージでしたが、実際読んでみて、なんとも人間らしい弱さがみえて良いです。

だいたいヒーロー対戦系の話は、強さがインフレして収拾つかなくなるパターンが多いのですが、タイガーマスクは違います。

というのも、現実にいたジャイアント馬場やアントニオ猪木なんかを「先輩」とよんでいて、「先輩」レスラーの強さを認めるような様子があり、現実離れした強さからぎりぎりとどまる感じで。

強さを求めながら、ヒールキャラとベビーフェイスキャラとの葛藤みたいな精神的な部分も描かれていて、こういうメンタル面のゆらぎなんかも良い意味での弱さというか人間味が見えて良いです。

残虐や強さにこだわりと王道なプロレスの間を行き来する主人公のゆらぎが話に深みを作り出しているような気がします。

あと、当時のプロレス幻想を楽しめるのも良いです。

屑が屑に復讐する復讐代行漫画「善悪の屑」
渡邊ダイスケの作品ですが、胸糞悪くなるグロい復讐方法が凄いです。

無料試し読みできる電子書籍版があります。
善悪の屑 電子書籍